スタッフブログ

Blog

2018.11.06

気密測定現場リポート①

みなさま、こんにちは!
夜ごはんの後に必ずアイスを食べてしまう、住宅営業部の重盛です。
 
突然ですが、
「うちは気密性に優れたおうちづくりをしていますよ!」
「外気の影響を受けにくく、快適に過ごせるおうちですよ☻」

なんて言われたことはありませんか?

なるほど!と鵜呑みにしてしまう前に、まずは気密性を表す値であるC値を確認して

みましょう。

そもそもC値とは、「おうちにある隙間面積(㎠)÷延べ床面(㎡)」で求められます。

一般的にC値が2.0以下の場合、高気密なおうちであると言われていますが、

私たちMBCハウスは0.5以下を目標値として掲げています。


 
では、どのようにしてC値は測定できるのでしょうか。
 
その謎を解明すべく、実際に気密測定の現場にお邪魔してきました!

 
まずは、JIS規格で定められている箇所(換気扇・換気システムの屋外 等)を塞いでいきます。

 
その後、送風機が登場し、

掃き出し口が外に出るような形で回りを養生し、準備完了です。

 
機械のスイッチを入れるとどうなるのか。

そして、目標値に達しているのか。。

気になる結果はまた次回お伝えさせていただきます。
 
一足先に結果を聞きたい!と思った方は、ぜひ各モデルハウスまでお越しください。
 
ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!