MBCハウスの家

Concept

MBCハウスが考える
「鹿児島の住まい」

あなたが、これから建てようとしている住まい。
大切なことは、何だと思いますか?

  • 地震や台風にも耐えられること?
  • 自分好みの間取りやデザインを実現できること?
  • お子様、お孫様の代まで住み続けられること?
  • ローンや光熱費で家計に負担が掛からないこと?
  • 健康で快適に暮らし続けられること?

答えは、これら「すべて」です。

どれか1つ欠けても、せっかく建てた我が家での暮らしに、不満が生まれてしまいます。
一生に1度の住まいづくりですから、欲張りですが「すべて」実現することが大切です。

ところで、私たちMBCハウスのホームページをご覧のあなたは、おそらく、「鹿児島」で住まいづくりをお考えかと思います。
そこで、この鹿児島で40年以上にわたり、4,000棟を超える住まいづくりを手掛けてきたMBCハウスが考える、「鹿児島の住まいづくりでいちばん大切なこと」を、少しお話しさせてください。

いちばん大切なのは
「太陽と上手に付き合う」こと。

あなたもよくご存じの通り、鹿児島の気候は、少々厳しいです。
鹿児島で建てる住まいは、厳しい四季の中でも、できるだけ快適に過ごすための工夫が求められます。

特に気をつけたいのが、ジリジリとした、長い夏の日差し。
この日差しが熱となって住まいの中に侵入し、不快感を生みます。
夏、住まいの中にこもる熱の約75%は、窓から侵入しています。
その熱量は、リビングの大きな窓の場合、1時間あたり約600wに達すると言われています。
これは、一般的な家庭用の電気ストーブ1台分に相当します。
真夏にリビングの窓際で電気ストーブを点けているのと、ほぼ同じ状態なのです。

近年、日本の住まいは著しく進化し、特に屋根や外壁の遮熱性能は飛躍的に向上しました。
しかし、屋根や外壁で遮ることができる熱は、全体のわずか4分の1に過ぎません。
窓から差し込む強い日差しを遮るための工夫は、鹿児島の住まいづくりの絶対条件です。
うまく工夫すれば、8月でも、エアコンの出番を必要最低限に抑えることができるのです。
体に優しく、家計にも優しい住まいです。

しかし私たちは、
ただ日差しを遮るだけの住まいは、
「もったいない」とも考えています。

なぜなら、夏は少々厄介なこの日差しも、寒い冬には、いわば「電気ストーブ代わり」になってくれるからです。
夏の暮らしだけを考えて日差しを遮ってしまうと、冬にその恩恵を受けられません。
その結果、エアコンやストーブに頼ることが多くなってしまいます。
日差しを上手く味方につけることで、電気製品に頼りすぎない、健康にも家計にも優しい住まいを実現できるのです。

また、夏や冬は厳しい鹿児島の気候も、春秋には和らぎます。
日差しを上手に取り入れた住まいには、まるで森の中にいるような、あたたかで快適な陽だまりが生まれます。

鹿児島の厳しい気候は、上手に利用することで、快適な暮らしを生む味方になります。
だから、私たちMBCハウスは、「太陽と上手に付き合うこと」が、鹿児島での住まいづくりで最も大切なことであると考えます。

快適な住まいのモノサシ、
「C値」と「UA値」。

住まいの快適性について、もう1つ、知っていただきたいことがあります。
それは、「家の快適性を測るモノサシ」です。

私たちも含め、多くの住宅メーカーや工務店が掲げている「高気密高断熱」という言葉。
これは、簡単に言えば「家の中の空気や熱を外に逃がしにくい住まい」ということです。
エアコンやストーブの作る涼しさや暖かさも、気密性・断熱性の低い家では、すぐ外に逃げてしまいます。
ですから、「高気密高断熱の家=より快適な住まい」なのです。
しかし、高気密高断熱を掲げる住宅メーカーがあまりにも多いため、「会社ごとの違いが分からない」というお客様が多いのも事実です。

そこで、各社の気密性・断熱性を比較する際に役立つ、
2つのモノサシを覚えていただきたいのです。

C値(相当すき間面積)

C値

計算式の中に「すき間」という言葉があるので分かりやすいと思いますが、家の中の「すき間」が少ないほど、C値は小さくなります。
つまり、C値が低い家ほど、すき間から空気が漏れにくい、快適性に優れた住まいということになります。

UA値(外皮平均熱貫流率)

UA値

C値より少し分かりにくいかもしれません。
簡単に言うと、「UA値の低い家=建物から逃げてしまう熱が少ない=断熱性の高い快適な住まい」ということです。
UA値は、国が定める新築住宅の「省エネルギー基準」でも使用されています。
鹿児島県の基準値は0.87以下となっており、2020年以降は、すべての新築住宅がこの基準を守ることを義務づけられます。

「せっかく住まいをつくるなら、より快適な住まいにしたい」とお考えであれば、
気になる住宅メーカーのC値・UA値を比較していただくことをおすすめします。

一生に1度の住まいづくりで後悔しないためには、「すべて」にこだわることが大切です。
その中でも、⿅児島に暮らす私たちの住まいづくりは、太陽と上手に付き合いながら、
厳しい四季の中でも快適に暮らし続けられる工夫が、とても大切です。
鹿児島の住宅メーカーである私たちMBCハウスも、鹿児島の気候に最適化した、
心地良い暮らしを生む住まいづくりを実践しています。

ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!