スタッフブログ

Blog

2019.05.27

梅雨時期の畳

これから梅雨の時期となってきます。
畳のカビの予防、対策はされていますか?
カビは土や空気中に多く散在し、空気のあるところにはカビは存在します。
相対湿度70%以上でカビの発生が始まります。梅雨時には部屋を閉めきっておくと湿度が上がり、カビが発生します。
新築住宅の場合、建築仕上げ資材の含水率が高い場合が多く、湿度が高くなります。
畳の上にカーペットを敷くなどは避けましょう。

特に新しい青い畳は呼吸をしているのでカビが生えやすい状態です。



対策としまして畳にカビが生えたら、まず固く絞ったタオルで拭き取ります。乾いたタオルではカビの胞子をまき散らしてしまいます。
次に薬用アルコール(薬局では「消毒用エタノール」として売っています)で畳の表面を拭き、殺菌します。
 
風通しを良くして畳を乾燥させます。扇風機で風を送ったり、エアコンで除湿すると効果があります。
予防としては
  • 天気のよい日に風を通して畳を乾燥させる。
  • 時々、アルコールで畳の表面を殺菌する。
  • 雨の日はエアコンで除湿する
簡単なことで予防ができます。
家が完成してからメンテナンスが始まります。
自らの意識から快適な住まいを作っていきましょう。
ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!