お客様インタビュー

Interview

家の中がすごく快適で、11月まで半袖で過ごせます。

鹿児島市・I様

鹿児島市のI様は、ご夫妻・お子様2人の4人家族。

MBCハウスの家に引っ越して、ちょうど1年が経ったところです。

~ このお客様は、MBCハウスの木下大輔が担当しました。 ~

築30年の借家…すきま風が気になっていました。

ご主人様:
結婚してしばらくは、借家に住んでいました。
実家が隣接している土地を譲ってくれるという話になり、家づくりをスタートすることになりました。

奥様:
以前住んでいた借家は、築30年ほどの一軒家でした。
私の実家もそうなんですが、昔ながらの家なので…すきま風が入ったりして、決して暮らしが快適ではありませんでした。

他の人とかぶらない、自分たちだけの家にしたい。

ご主人様:
家を建てるなら、「他の人とかぶらない、自分だけの家にしたい」というこだわりがありました。

こだわったポイントの1つが「吹き抜け」です。
MBCハウスのモデルハウスを見学したときに、吹き抜けに感動して…自分の家にも絶対に欲しいと思い、取り入れました。

それから僕は、子どもの名前にするくらい「桜」が大好きなんです。
そこで、和室は「桜」にこだわりました。
畳の色・天井の模様・ふすまの模様…すべて、桜で統一しています。

奥様:
以前住んでいた家の間取りは、結構参考にしました。
リビングと和室を続き間にしたのは、前の家から受け継いだところです。

ただ、より使いやすくしたかったので、間取りを少し変えました。
玄関から直接和室に入れて、かつ、リビングと和室の間に仕切りを設けています。

降灰で窓を開けられなくても、家の中が快適です。

奥様:
まず、音が静かなことにびっくりしました。
雨が降っているのに気付かず、外に出たら大雨が降っていて驚いたことがあります。

また、家の中が暖かくて快適ですね。
このあたりは冬、結構寒いんですが、家の中は11月まで半袖で過ごせます。
外出しようと玄関を出て「寒い!服を間違えた…」と思うこともあります(笑)。

それから、以前の家は降灰で窓を開けられず、家の中が不快になることがありました。
この家では、MBCハウス独自の換気システム「澄麗(すみれ)」を採用したので、夏に降灰で窓が開けられなくても、家の中は快適に過ごすことができて、ありがたいです。

これから家づくりを行う方へのメッセージ

こちらは、ページ最上部の動画でご紹介します。
ぜひ、住まいづくりの先輩からのメッセージをご覧ください!
ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!