スタッフブログ

Blog

2018.09.04

MBCハウスの標準仕様 地盤調査編

 

地震・台風などの災害に強い建物を建てても、建物を支える地盤が悪ければ意味がありません。

そこでMBCハウスが採用している地盤調査方法をご紹介いたします。

 

土質が分かる、画期的な地盤調査SDS調査(スクリュードライバーサウンディング)にて地盤解析をおこないます。土質が分かる!のがポイントです。

従来のSWS(スウェーデン式サウンディング)試験で分かるのは、地盤の強度。

土質についてはあくまでもロッドに伝わる感触や音から、調査員が感覚をたよりに「推定」していました。

これでは正確は地盤判定はできません。

SDS調査では、さらに土質について分かる為、地盤について正確な判定が可能となります。

 

 

SDS試験では土質まで判定できるので地盤事故の低減に貢献するとともに、良質地盤(いわゆる地盤が固くて強い)で杭を打つといった過剰設計(補強工事の必要性が無い場所で杭工事が発生する)の低減によりコストダウンにもつながります。

 

しっかりした地盤調査によって適正な地盤改良工事を実施することで地震・台風・地盤沈下などに対応する地盤と建物をご提案いたします。

 

 

 

 

 

ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!