スタッフブログ

Blog

2018.10.30

土地探しの注意点 05

みなさんこんにちは!

住宅営業部の岩元です。

先日、お客様との仕様打ち合わせ中に漫画ワンピースのビニールクロスがあるのを知り、男心をくすぐるカッコいい柄!しびれました^^
書斎スペースなどがあればぜひご検討ください!



され、今回も土地探しの注意点シリーズ、エピソード5をお伝えしたいと思います。

前回までのエピソードはコチラ 
01
02
03
04



さて、来年の消費税増税に向けて?鹿児島県内でも新しい団地がどんどん開発されてますね。
団地完成前から良い区画は早く決まってしまうので・・・「早く決めないと良い場所は無くなってしまう!」と思うかもしれませんが、完成前の土地は仕上がりが分からないので、注意が必要です。



●造成前の団地購入の注意点

・ごみステーション
大型の団地にはゴミステーションが数カ所、設置されます。自分の敷地からの距離がどれぐらいあるのか確認しておきましょう。

・電柱位置
電柱が設置されるタイミングは団地完成間近ですので、団地造成中に土地の予約などを検討する場合は、その位置が分かっていれば間取り(駐車スペースとか)に影響する場合がありますので確認しましょう。(敷地内?敷地外?)

・土地の高低差
造成前の土地だと道路と宅地の高さが分かりずらいです。高さがある程度あると、間取り(駐車スペースや階段数)に影響しますのでチェックしておきましょう。逆に高低差がある場合はそこを利用してスキップフロアにしますか?

・地区計画などの団地規制
大型の団地だと、団地内のみに存在する規約がある可能性があります。
道路から1m以上、隣地から1m以上、それぞれ建物を離しなさい。
敷地には緑地(植栽や芝生など)を敷地面積の10%程度確保しなさい。
高いブロックや塀を設けてはいけません。
等々、間取り作成に影響する場合がありますので確認しておきましょう。

・地盤
造成業者さん、および売主さんが地盤調査を実施している場合もあります。
また大型団地ですと、盛土、切土、が団地内で混在している可能性がありますので確認しておきましょう。

その他、注意して頂きたい事もたくさんありますので、ぜひモデルハウスまでご来場ください。
ご来場予約キャンペーン MBCハウスの住まいづくりがわかるカタログを無料プレゼントしています!